リストマーク
ぐりーん・ねっとわーくジャパン株式会社        


生産地:千葉県(一部,茨城県を含む) 
概要:
千葉県北部内陸に位置する佐原市を中心に,沿岸地域や一部茨城を含め,約100名の生産農家による組合組織.温暖な気候と水はけのよい肥沃な火山灰土に恵まれ,周年を通して多くの種類の野菜の栽培が可能.1991年のセンター設立以来「自然環境」「食の安全」にこだわり,各部会毎に生産技術の向上を図り,強い組織力で減農薬・無農薬栽培に挑戦しています.「協力・共同の精神」を基本理念に消費者,取引先,友好産地との親交を深め,新しい時代の地域農業を目指す.
生産品目:
主力商品は大根,人参,長ネギ,ほうれん草,その他多数.

佐原農産物供給センター

生産地:福島県(一部,栃木県を含む) 
概要:
福島県の中通(なかどおり)に位置する古くからの米どころであり,また岩瀬きゅうりの産地として市場の評価も高い恵まれた産地.でんでん倶楽部は,平成7年米の企画,生産、販売からスタートし,翌年からきゅうり,ミニきゅうり,葉菜,トマト,なし,ももなどの各部会を組織.その特徴は「味の追求」と「安全性」の両立.事務局で土壌分析,施肥設計をし、自家製造ぼかし肥を使用し,味を追求する栽培に統一.毒性の高い農薬は排除し,農薬使用の場合も電解水を利用し希釈を高める.
生産品目:
特に評価の高いものとして,栄養も豊富な「ブルームきゅうり」,手軽に食べられる「ミニきゅうり」,一年中高い食味の「稲田米」,ギフトとして人気の「あかつき(桃)」など.

でんでん倶楽部(ジェイラップ,J-RAP)

あやめ生産組合

生産地:茨城県、千葉県 
概要:
あやめ生産組合は利根川,霞ヶ浦,北浦の豊富な水系に恵まれ,温暖な気候で周年を通して野菜の生産ができる千葉県北東部と茨城県南東部を中心とした地域で組織しています.人が食べて健康になれる野菜作りを目指し,1991年から,有機・減農薬栽培を進めています.現在組合員数は約130名.
生産品目:
主な品目は,さつまいも,ゴボウ,人参,チンゲン菜,大葉,キャベツ,きゅうり,ミニトマト,なす,レンコン,ジャガイモ,切り三つ葉等.
生産地:長崎県 
概要:
日本の西南端に位置し,周りを海で囲まれた温暖な海洋性気候の地にある.有機農業に取り組んで26年目を迎え,組合員数は150名を超える.基本方針は「安全で美味しい作物、加工品の生産」「生産と消費の自立相互扶助を基本とした提携」「農業の自立」.
生産品目:
中心となる作物は玉葱,馬鈴薯,トマト,キュウリ,レタス,みかん,イチゴ,米,黒ごまなど.

ながさき南部生産組合

生産地:青森県 
概要:
りんご農家を中心に,水や炭や空気を用いた健康生活技術を追求する「電子農業研究会」として発足.その後有機農業をベースにした「新農業研究会」と変更.そして加工(ジュース、ジャムなど)に取組みや経理や資金に責任をもって行うため販売部門を法人化,「有限会社ナチュラル農究」としました.その後、水田転作「ニンニク」や「たまねぎ」などの根菜類,高冷地の「人参」「じゃがいも」などの野菜部会を発足しました.特別栽培米制度の中で,主食の「米」にも取り組み,農業生産法人「知新塾」を設立.栽培の基本は土づくりと有機100%のボカシ肥料を協同で製造使用しています.また毎日作業する人と消費する人の安全を気づかい,無農薬または減農薬栽培に徹しています.
生産品目:
りんご,水稲,大根,馬鈴薯,人参など.

ナチュラル農究

野菜くらぶ

生産地:群馬県(一部青森県) 
概要:
群馬県利根沼田地区は関東地方の北端に位置し、近くに日本百名山にも選ばれている谷川岳や武尊(ほたか)山、尾瀬ヶ原がある中山間地帯です。野菜くらぶの生産者は昭和村、白沢村、川場村、利根村,月夜野町、沼田市と利根沼田地区全域に広がり、赤城山の広々とした裾野を利用した農業が主な産業となっています。主農産物は、夏の冷涼な気候を利用したレタス・キャベツなどの高原野菜、生産高日本一のこんにゃくいも、りんごなどです。
野菜くらぶは、平成4年に生産者3名で設立、同8年に法人化し現在は38名の生産者で活動しています。
生産品目:
レタス,小松菜(JAS有機),キャベツ,白菜,大根など.

産地紹介